iPhoneのバッテリーを交換しました

iPhone image

iPhoneのバッテリーを交換してきました。

私も家族も2年前に長年使って来たソフトバンクからドコモに思い切ってキャリア変更した際、スマホもiPhone6sに機種変更しました。ただ、2年も使っていると、朝にバッテリーがフル充電の状態でも夕方には50%を割る時もありました。

AppleCare+for iPhoneには加入していて、もうすぐ保証が切れそうだというタイミングでもあり、保証期間内に特に修理していない場合、バッテリーを無償交換してもらえるので、このタイミングで交換することにしました。

AppleCare+for iPhone

https://www.apple.com/jp/support/products/iphone.html

なおAppleは、2018年12月末までの限定で、iPhoneSEとiPhone 6以降のバッテリーをAppleCare+に未加入の場合でも、通常8800円のところ3200円で交換するというプログラムを提供しています。

まず念のため、自分のiPhoneのバッテリーの状態を確認します。フリーの「Battery Life」というアプリで調べて見ました。2年使用して、バッテリーの消耗度が20%以下なら平均的ですが、それを超えると、消耗度が高いということになります。「Battery Life」は、実際にAppleが使っている正規のツールとは少し誤差がありますが、だいたいの目安は確認できます。「バッテリーの消耗状況」というメニューを選択すると、次のように表示されます。

バッテリーの消耗が平均的  バッテリー消耗が高い

バッテリー交換を予約する場合は、以下のサイトから「バッテリー交換を申し込む」をクリックしてみてください。平日の朝なら店によっては、予約無しでも2時間ほど待てば交換可能な場合もありますが、可能な限り予約してから行った方が確実です。

なお、シッョプに持ち込む前には、念のためiPhoneのバックアップを取っておきましょう。バッテリー交換だけの場合、iPhoneの中身が消えることは基本的に無いですが、万一何らかの問題があった場合、利用者の自己責任になりますのでiPhoneのバックアップは必須です。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

「持ち込み修理」からApple IDを使ってサインインし、家の近くのバッテリー交換可能なショップが表示されたら、ショップを選択し、予約可能な場合は日付が出るので予約します。私の場合、家族全員の分について、各々のスケジュールの都合で一度に交換できなかったので、まず第一弾は、カメラのキタムラの京都・ジェイアール京都伊勢丹店で予約しました。

http://aspblog.kitamura.jp/26/7913/

カメラのキタムラの場合は、受付でiPadで必要事項を選択、記入し、係の人に渡して、呼ばれるまで待ちます。呼ばれるて担当の人に渡すと、バッテリーの消耗状況やスピーカーなどの検査をしてくれます。バッテリー以外に特に問題無ければ、一時間ほどでバッテリー交換は完了。バッテリー交換済みのiPhone本体と「修理報告書」を受け取って完了です。修理から90日間は、バッテリーに関して保証が付きます。

さて、残りの第二弾は、クイックガレージでバッテリー交換しました。こちらは、受付は用紙に記入しますが、後の手順はカメラのキタムラの場合とほぼ同じです。カメラのキタムラもクイックガレージも担当してくださった店員さんは、皆さん感じが良かったです。京都のクイックガレージは、本屋さんと併設されており、待ち時間も退屈しないので人気があります。

http://www.quickgarage.jp/

さて、バッテリー交換済みのiPhone6s、「Battery Life」で調べると「完璧」と出ました。これであと2年ぐらいは、ばりばり使えるかな。

バッテリー完璧

もし、iPhoneSEとiPhone 6以降のiPhoneをお持ちで、AppleCare+に未加入でも2018年12月末までにバッテリーを交換してみようというかたは、ぜひこの機会を利用してみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする