初めて使ったMacはIIciでした

Macintosh IIci 全体

2017年12月、Appleがこれまでで最も最強という、最大18コアXEONプロセッサ搭載の「iMac Pro」が発売されました。

https://www.apple.com/jp/imac-pro/

最大128GBのRAM、27インチ5Kディスプレイを搭載、一番安いモデルで日本円にして約55.5万円、一番高いモデルだと約150万円と安いクルマが買える値段です。

しかし、Mac(当時はMacintosh)がパソコン界のポルシェと呼ばれていた時代から使っている私としては、特にその値段には驚きません。

むしろ、それぐらい出しても値打ちのあるマシンなら歓迎すべきだと思います。もっとも個人的に買うには、ちょっとハードルが高いですけどね。

私が最初に仕事で使ったMacは、Macintosh IIci、当時たしか本体だけで128万円もしました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Macintosh_IIci

Macintosh IIciが発表されたのは1989年、ちょうどIIcx発売の半年後のことです。Macintosh IIciは、初の32ビットクリーンROM、内臓ビデオ回路の搭載など、当時の先進機能を実現していました。

AppleのGavin Ivesterらによるシンプルでお洒落な筐体デザインは、今見てもとても洗練されたイメージです。

CPUはモトローラのMC68030、クロック数25 MHz、8MBのRAM、ハードディスクは40〜80MBで、データは主に1.4MBのフロッピーディスクに保存するというスタイル。最近のマシンとは比較にならない仕様ですが、当時は最先端でした。

当時このIIciは、128万円もしたのですが、どうしてもMacintosh IIciが使いたくて、自分で起案書を書いて、当時の役員さんを必死で説得して、会社で買ってもらいました。まだバブルの弾ける前の時代だったのですが、よくぞ気前よく買っていただけたものです。

その後、IIsi、LC、PowerBook 1400、PowerBook G3など次々にMacを仕事で使わせていただき、その成果はもちろん仕事での大きな売上にも繋がりました。

最初のIIciを会社で買ってもらったことは今でも嬉しかったです。
今だったら、新しいiMac Proを買うのかな?

予算を気にしなくて良いなら新しいiMac Pro、個人的にも欲しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする