VAIO S13 導入レポート その2

VAIO S13は、ヨドバシカメラに行ってから1週間以内に届きました。段ボールの外箱に包まれた黒い箱を開けると、まるで高級バックでも入ってそうな感じでワクワクします。なお、2017年9月に新しいS13が発売されました。この記事は一つ前の機種についてのものです。

VAIO S13箱 VAIO S13 開梱

白い袋からVAIO S13を取り出すと、キーボードとディスプレイの間にはシルクのような布が挟んでありました。安物のスチロールではなく、こういう細かいところでも所有欲を満たしてくれるとは、さすがです。

 VAIO S13 Keyカバー

本体のほかに同梱されているのは、ACアダプターと説明書が少々。

VAIO S13 同梱物

VAIO S13は、薄型軽量(タッチパネル無しのモデルで1.06kg)でありながら、頑丈で、しかもUSB 3.0端子が3つ、VGA端子、有線LAN端子、HDMI出力端子、ヘッドフォン端子、SDメモリカードスロットとビジネスでもプライベートでもあらゆるシーンで使える豊富なインターフェイスを持っています。

VAIO S13 右側面 VAIO S13 左側面

タッチパッドの下にはボタンが二つ付いていて、これもなかなか使いやすそうです。またディスプレイ上部にはカメラもちゃんと付いています。キーボードは静音キーボードでとても静か、もちろんバックライトも付いています。MacBookには昔から付いてますけどね。

VAIO S13 トラックパッド VAIO S13 カメラ

そうそう、ちょっとこれは地味に嬉しかったのですが、なんとACアダプターには、USB端子が付いています。これどういうことかというと、電源が一つしか無い場合でもVAIOに給電しながら、スマホとかの充電も出来るのですよ。けっこう便利かも。

S13 ACアダプター VAIO S13 電源ボタン

一つだけ気になったのは、電源ボタンが押した感が無く、押せてるのか、押せてないのかよくわからないぐらい小さいということです。ここだけ惜しいなぁ〜、と思っていたら、 9月発売の新型のS13では、電源ボタンも改善されているようです。良かった。

安曇野FINISH

このS13は、日本生産かと思っていたら、Zシリーズとかもうワンランク上の機種以外は、中国生産のようです。(2017年9月発売の新しいモデルからは、組み立て工程以降を日本で行う、MADE IN JAPANになっています。:2017年10月追記)

VAIO S13も信頼の安曇野FINISH。右のマークはちゃんと安曇野で検査した方が手で押している印鑑です。このカードがある意味は大きいですね。

今回買ったVAIO S13、総合的にかなり良い買い物したと満足しています。新型が気になるかたはVAIOのサイトでチェックしてみてください。

https://vaio.com/products/s132/

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする