VAIO Fit15E mk2 導入レポート

ApplleとMacBookの記事ばかり書いてきましたが、実は、今年に入ってから、我が家にVAIOノートが新たに2台やってきました。大学生の子供が就職活動でいろいろ調べたり、資料作ったりすることが多くなり、古いVAIOノートはWindows7からWindows10にアップグレードしてから動作が重くて使いづらくなっていたためです。

このため新しいノートPCを探していたのですが、やっぱりVAIOノートがいい、でもOfficeもセットだとなかなか高額になるというので迷っていました。2011年から使っているピンク色のVAIOノートは、SONY時代に公式アウトレットで54,800円(税、送料込)で購入できたのですが、VAIOが会社として独立してから、機種が絞られ、アウトレット品もほぼ見かけなくなりました。

VAIO Fit15E 店頭価格

そこで今年1月中旬、たまたま家電のエディオンさんに行ってみたのですが、なんとVAIOノートが10万円以下で売っているじゃあ〜りませんか!ハードディスクは、余裕の1テラバイト、しかもOfficeも付いて、79,800円(税別)という脅威のお値段。これはもう即買いだなということでゲットいたしました。

ちなみに店員さんの説明には一部間違いもありましたが、このコストパフォーマンス考えたら大目にみましょうということで。エディオンカード持っていると、5年保証も付けられますしね。店員さんの説明の間違いは次の二つ。

・これは日本製です。←生産は、中国。品質に関しては日本で検査しているので安心です。
・現行モデルです。←VAIO公式サイトでは旧モデル。お手頃価格のエディオン限定仕様。

購入したVAIO Fit15E mk2に関するVAIOサイトの情報はこちら。現行モデルからは2つぐらい前のモデルですが、普段使いには全く問題無い仕様です。

https://vaio.com/products/fit_mk2/

さて、家に帰って、さっそくご開帳の儀。といってもいそがしくて2ヶ月以上放置していたので、3月頃の話ですが。。。

VAIO Fit15E 箱VAIO Fit15E 同封物

梱包は、Apple同様、とてもシンプルですが、どこか風格があります。

同封物は、ACアダプターとOfficeのライセンスを記載したカード、説明の文書が少しだけ。最近はマニュアルとかそういうのは付いていませんが、特に必要なし。

マイクロソフトのWindows10の初期設定がわりと戸惑いましたが、まぁなんとか完了。デフォルトのVAIOの壁紙は、黒を基調としたシャープな印象ですが、本体のデザインは、やっぱり優美です。

VAIO Fit15EVAIO Fit15E キーボード

なお、VAIO品質の証として、中国で作っているモデルでも日本で品質検査していますというカードが入っています。安曇野FINISH、この安心感は大きいですね。

VAIO Fit15E 品質安曇野

ところで、新しいVAIOノートを買って、子供が喜んでくれるかと思いきや、こんな大きなノートPCでは大学に持ち歩けないとのこと。またまた新たなVAIOを探す羽目になりました。トホホ。。。(爆)

店頭モデルの場合、すぐに持って帰れるのは良し、また今回のように仕様から考えるととてもお得な価格設定ではありますが、メモリが最低ラインの4GBモデルしかなく、4GBだとWindows10では、やはりOfficeソフトなどを使っていると動作が重く感じることが多いです。これから買われるかたは、あとでメモリ増設するか、そのことは了解の上、お求めください。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする