MacがレインボーカーソルのままFinderが使えなかった件の続報

先日のMacがレインボーカーソルのままFinderがちゃんと起動せず、使えなかった件の続報ですが、どうも「com.apple.finder.plist」というファイルが壊れているのも原因の一つかも、ということがわかりました。

というのも先日紹介したOnyXでいろいろスッキリしたハズなのに、昨日またまた似たような症状に見舞われ、これは本気でどっかのファイルが壊れているようだと思い、調べてみた次第なのです。

そこで、このファイルを削除し、Finderを再起動したら、あらまぁ、アッサリ治りました。ひょっとすると、OnyXでのいろいろも必要なかったかも。(爆)

手順は次の通りです。

メニューバー左上の「移動」から「ユーティリティ」を開き、その中の「ターミナル」をクリックします。

ターミナルは、UNIXを使ったことのある私みたいな者には、なじみの機能ですが、普通の人は、少し抵抗があるかもしれません。しかし、コマンド操作のほうがストレス無く、スムーズに解決できることも多いのです。

今回の場合は、以下のように入力します。

cd ~/Library/Preferences

まず、CD:チェンジ・ディレクトリのコマンドで環境設定のフォルダに移動します。cdの後には、半角スペースを開けます。「~」は¥キーの左のキーをシフトキーと一緒に押すと出ます。

mv com.apple.finder.plist com.apple.finder.plist_back

次にmv:ムーブコマンドで、「com.apple.finder.plist」というファイルの名前を「com.apple.finder.plist_back」というファイル名に変えます。つまり、「com.apple.finder.plist」は消えることになります。このファイルは、ファインダーの環境設定ファイルで、無ければ新たに作られますので、心配は無用です。ただし、もちろんファインダーの設定は初期化されますので、一部何らかの設定をし直す必要が出るかもしれませんが、普通に使う分にはほぼ設定することはありません。なおmvの後と「com.apple.finder.plist」と「com.apple.finder.plist_back」の間には、半角スペースを開けます。

そして、ドックからFinderを再起動します。あるいは、システムそのものを再起動します。

これでスッキリ。慣れれば、それほど難しいことではありません。

なお、レインボーカーソルのままFinderが起動しない場合、Macにログインした時に起動するアプリケーションが引っかかっていることもあります。この場合、画面左上のアップルマークから「システム環境設定」を選び、その中の「ユーザーとグループ」を選び、まず左下の鍵マークをクリックしてパスワードを入力し、設定を変更できるようにします。次に「ログイン項目」というタブを選択、不要なアプリをチェックして、起動しないようにします。通常は、「iTunesHelper」ともしウイルス対策ソフトが入っている場合、ESETなら「ESET Cyber」等だけでいいです。

この判断をするためには、自分だけじゃなくて、複数のアカウントを作っておくことも一つの対策です。私の場合、家族のアカウントも作っておきましたが、家族のアカウントでログインするとすんなり立ち上がったので、自分のアカウントを調べることが容易でした。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする