Appleロゴの缶バッジとステッカー

私がどれだけApple製品を好きか、という一つの証として、いまだに後生大事に写真のようなAppleロゴの缶バッジやステッカーを持っているということがあげられます。

まぁ、持ってたからってそれがどうした、と言われるかもしれませんが、どこかに貼るのももったいないので取っておいたら今も手元にあるというわけです。特に昔ながらの虹色の林檎マークは好きでしたねぇ。それが白一色みたいな感じになって、単色になりました。ただ、iPhoneも使っていますが、ゴールドのiPhoneに光る金色の林檎マークというのもなかなかカッコイイものです。

ちなみにMacBookを使っているかたなら当然ご存知の話ですが、私の使っているMacBook Proとかは電源を入れると林檎マークが光ります。でも最新のMacBookでは光らなくなっているそうで、少し寂しいですねぇ。MacBook Airまでは光ってましたが。

ロゴマークに関しては、各社シンプルな方向に行くのは時代の流れかもしれません。しかしAppleがApple Computerだった時代、虹色の林檎マークだった時代を懐かしいと思う私のような人間もいるのです。

Appleの歴史は、スティーブ・ジョブズとともにあったとも言えます。スティーブ・ジョブズは本当に偉大なクリエイターだったと思います。スティーブ・ジョブズ亡き後のApple製品には驚きが少なくなったように思います。奇しくも今使っているMacBook Proはスティーブ・ジョブズがこの世を去った年に買ったもの。スティーブ・ジョブズ追悼のために出版された、『スティーブ・ジョブズは何を遺したのか』日経BP社 をまた読み返して、Appleの歴史とジョブズの功績を辿ってみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする